コガタハナサキガエル、オオハナサキガエルの調査へ

石垣島エコツアー.web > ブログトップページ > ツアーブログ > スタッフ日誌 > コガタハナサキガエル、オオハナサキガエルの調査へ

IMG_0986今夜はナイトツアーが終わったら、その足でカエルの調査に同行させてもらいました。世界でも、この石垣と西表にしかいないカエルの調査です。

今日は、一晩山に泊まり込みでこのカエルの “家” (隠れ場所)を探します。

「行動範囲を調べるのは最初にしなきゃいけない調査なんだけど…」と、調査をしているOさんは言っていましたが、いままでフィールドでカエルと向き合ってきた時間が長いせいか、その行動まで予測していました。さすがだなぁ。

暗くなるにつれてカエルが出て(この時点では僕はナイトツアー中)、そこから日の出までほとんど動かず(動いてもせいぜい30?。全く動かず向いている方向だけが違うという個体もいた)巣に帰り始めたのが日の出前の6:20分頃。

なるほどー。今はシーズンなだけに、鳴く一方で全然動かないってわけなんですね。
カエルたちを驚かさないように、赤いライトで一晩山の中で過ごします。
左の写真がオオハナサキガエル(準絶滅危惧種)
中央がコガタハナサキガエル(絶滅危惧IB類)
右は、朝、日が昇り始めたかれらの生息場所。
IMG_0971IMG_0982IMG_0988

山に行く時は、よくバーナーとヤカンを持って行きます。そのまま飲んでも大丈夫!な川の水をわかして、お茶や紅茶をいれたり。バーナーであっても火を見ているだけで、なんだか心が落ち着くのは人間が火に頼りすぎている証拠なんでしょうか。自然の中では僕らはあまりにも小さすぎて、火を使うことで不安を解消させてるのかな…なんて、そんなことば頭の中をふとよぎるのです(というか、山中で一晩寝ずに過ごすので、会話が尽きるとぼーっとしてるしかないんですよね。明かりつけられないし)

一晩山の中で、カエルがどんな生き方をしてるのかずっと見ているなんて「変な人達だな縲怐vと思う人も多いかもしれませんね。(笑)でも、研究者って大変だなぁ縲怩チて思いました。僕はいつもオイシイトコ取りばかりで、実際に現場で見て、頭に入れるだけですが、研究する人はデータを持ち帰ってまとめなきゃならないんですから。いつも勉強させてもらってありがとうございます!

この記事が気に入ったらぜひ↓

石垣島エコツアー.webに掲載されている写真を自身のSNSやブログに転載する場合、白いロゴマーク(クレジット)の記載を消さないで下さい。写真の著作権は弊社・カメラマンに帰属します。クレジットのない写真をお求めの方はお問い合わせフォームよりご連絡ください

今日のフィールド情報

このブログで行った場所や、ツアー中に見た生きもの、お天気など、ガイドが日々記録している情報を公開します。

みた生きもの
聞こえた声
出掛けた場所
天候

投稿者プロフィール

  • あきら(りんぱなのガイド )
  • 海と森とパンとコーヒーが好きなツアーガイドです。広い畑を森に還しつつ、島に暮らす日々を綴ります。
  • facebook , twitter
  • のブログはこちら
2010年3月
« 2月   4月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ