石垣島トレッキングツアー オープン! (1/24)

ふたご座流星群見れず

ふたご座流星群の話題を聞きつけ、にーに(じゅん)と13日に観測会に行ってきました。石垣島天文台には九州沖縄で最大、なんと105cmの光学赤外線望遠鏡があります。その名も、むりかぶし望遠鏡。むりかぶしとは、すばるのことだそうです。ドーム状の屋根が開き、木星、海王星、天王星、その周辺の星々を観察しました。昼間は曇っていたのに、暗くなるにつれて雲が流れ、星空がとても綺麗です。石垣島では、88星座のうち、84星座が観測可能だとか。21個ある1等星も、すべて見えるそうです。星好きな人には、最高の島ですね。

そういえば。子どもの頃、父がこんなふうに望遠鏡を覗いて星の話をしてくれたのを思い出しました。望遠鏡の性能はケタ違いですが、それでもやっぱりいい思い出です。

肝心のふたご座はといいますと・・・まだ早すぎたようです。明け方4時?5時頃が見頃とのこと。がしかし、その後、にーにと私は忘年会に出席。牛汁をお腹いっぱい食べ、飲んだくれ、当然寝過ごし。ま、朝起きたら曇ってたので、起きれてもダメだったかもしれませんが。。。それから4日経ちますが、お天気が優れません。先週はあんなに暖かかったのに、日に日に寒さがましております。流星群は20日まで見られるらしいのですが、この天候では期待できません。あぁ、悔しい。ということで、今日は写真なしです。ごめんなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です