トックリバチのその後

ツ黴?先日書きましたトックリバチ、その後も観察を続けると、新たな展開がありました!

〈11月30日 15時頃〉

親は泥土で徳利(とっくり)のような形の巣を作り、その内側の上部に卵を産みます。卵が孵化した際、赤ちゃんが食べるアオムシも中に入れます。穴から覗きこむと、卵とアオムシが見え、一同で感激しました。(詳しくは、11月30日のブログをご覧下さい。)

DSCF8517

ツ黴?

ツ黴?

〈12月1日  14時頃??〉

穴がふさがれました。

DSCF8615

ツ黴?

ツ黴?

〈12月1日  14時頃??〉

別の角度から見ると、こんな感じ。徳利というより、もはや壺ですね。あの小さな体で、どうやってこれほどまでに見事な巣を作れるのでしょうか。

DSCF8618

ツ黴?

ツ黴?

〈12月6日 12時頃〉

あれ?巣の上に、何か出来てますよ。

DSCF8906

ツ黴?

ツ黴?

〈12月7日 13時頃〉

何かの形に似ているけど、何だろう?思いつかないけど、とにかく可愛い。どうやら2階建てになるみたいです。

DSCF8937

ツ黴?

ツ黴?

〈12月7日  14時半頃??〉

ただ今増設中。1時間半前の上の写真と比べると、作業がかなりのハイペースで行われているのが分かります。

DSCF8959

ツ黴?

ツ黴?

〈12月7日  14時半頃??〉

別の角度から、フラッシュをたいて撮影。泥がまだ乾いてなくて、間口が塗れています。口の右上にボコっとした団子型の泥があるの、見えますか?きっとこれが、親が一度に運搬する泥の塊なんでしょうね。

DSCF8966

ツ黴?

ツ黴?

〈12月8日 15時半頃〉

私が見た時には、既に下のようになっておりました。卵もアオムシも、中に入っているのでしょう。

DSCF8981

ツ黴?

親の愛情溢れる、丹念な仕事の結晶です。ハチの巣というより、もはやアート作品ですね。元気に赤ちゃんが育って、巣立ってくれたらいいな。そしたらまた、その子が親になった時に新しい巣を作りにきてくれるかな。楽しみにしてるね。感動をありがとう!

3 Comments

hiro

その後も観察してるけど、今日まで変化はなし。今回は、口を閉じないんだ。先週は晴天続きで泥が作れないのかと思ってたけど、今週雨が降っても口は開いたまま。増設しない場合は、閉じないのかな?

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です