“私の森” を、ちょこっと紹介します。

石垣島エコツアー.web > ブログトップページ > ツアーブログ > トレッキング > “私の森” を、ちょこっと紹介します。

DSC_0425_1029

私の森を、紹介します。

DSC_0298_1029DSC_0278_1029
昔、昔のずっと昔使われていた道をゆっくりと登っていくと、私たちの森が見えていきます。

濃い緑の木々のトンネルに囲まれてながら、使い古された道を上ると、どんなに大きな台風にやられても負けずに生き続ける木々や、自然界の絶妙なバランスの上になりたつ(生きる)生き物が顔を出します。

この場所が、もしも石灰岩地でなかったなら、ここにはきっといないだろう植物。もしも、この道が今でも人に使われていなければ、いることはないだろう虫たち。自然界は、微妙なバランスで成り立ってるような気がします。人間も、ちゃんと考えて自然に向き合えば、正しい行いは出来るんだな、なんてことも思わさせてくれる森です。

風が通る木々のトンネルを歩いていると、子どもの頃に憧れたトトロの森(メイちゃんが四つん這いになって歩いた道)にいるような気もしてきます。実際に、この道の奥は、そんな感じになってるんです。

DSC_0472_1029

生き物たちは、自分達の時間(一生)をそこで過ごして居ます。
生まれ、食べて、ゆっくりと育って、時に危険な目にあって、そして元の土に還る。
そんな生き方です。誰かに見つけてもらって、言葉や評価をもらうわけでもなく
(僕の目には見つかりますが)”そこ”で生きる生き物たち。
この場所には、私たち人間とは異なる時間が流れていて、ここに一歩踏み入れて
自分の気持ちや意識をそこに向けてあげれば、沢山の出会いや、
大げさですが感動があったりします。米粒のように小さな生き物に教えられたり、
感謝することもあります。

考えることは、バランスです。命は全て平等なわけですから、巨人のように大きくて力のある僕たちが自然に与える影響はとても大きいと思うのです。気遣いなくずかずかと足を踏み入れれば、早ければ年内に、遅くとも数年の間にその環境を一変させることは充分可能なことです。壊すことは、とても簡単です。本当に簡単です。でも、治すのには途方もない時間や努力、お金が必要です。どんなに再生力に富んだこの島であっても、台風が一度来てしまえは既存の自然環境さえ変わることがありますし。

人と自然とは、常に繋がっています。目に見えない糸であったり、見えるものであったり、
それは様々ですが。マクドナルドのハンバーガーに使われている牛の飼料でさえ、
人が自然の力を借りて作り出した物じゃないですか。
建物のコンクリートにも、自然界から採られた砂が沢山まぜこまれています。
自然と繋がっていないものなんて、そんなにないと思うんです。
大事なのは、とりすぎないことだと思うんです。丁度良いバランスをたもつこと
(それが難しいのですが)。

この森においても、僕ら人間と自然界のバランスに非常に気を配っています。
誰かに何かをもらったり、よくしてもらったらお返しをするように、
僕はこの森におかえしをしていきたいんですね。
ありがとう、って。
誰かにお礼をするとしたら、その人が喜ぶものをあげるじゃないですか。
この森に対しても、そうでありたい。でもときに「よかれ」と思ってあげたものが、
既にもってる物だったり、気に入らないものだったりするじゃないですか。
でも、相手から何も言われないと気づかない…。 自然界もそんな気がします。
自然を相手にすることは、人間同士のつながりにとても似ている気がします。
もしもただの草原を森に戻すことが出来れば、
その途中で通り過ぎる生き物の数がどれだけ多いことか!
木陰ができ、雑草が後退し、蔓植物が生え、花が咲いて虫が集まり、
実を食べに鳥たちがあつまり。小動物を食べるために猛禽類が現れる。
それが、夜になるとコウモリやフクロウたちに変わるわけです。
夜にだけ花を咲かす夜香木(やこうぼく)もぜひ植えたい。
話がずれましたが、生き物同士のつながりも、人間同士のつながりも、
とても似ています。必要とされる場所には必要とされるつながりが生まれるし。
(こんな”情じみた” 話をしていると、時々科学の人から怒られるのですが…。)
それら上手に理解するために、科学や経験と、数多くの失敗が必要だと思うんです。

感謝し、譲り、いただき、ケンカし、謝り、励まし合い、諭してもらい、考え…。
自然ともっと仲良くなりたいなぁ。

自然にいやしてもらう、とか、力をもらうとか。
気軽に来て、ふとした瞬間に小さな生き物たちに癒されたりする、
そんな経験もしてもらいたいです。
そういうのもあるんだけど、むしろ、もっと気軽に来て欲しいですね。海や森へ。

で、もっとこの森や海を好きになってほしいと思うんです。
ぼくらは、その魅力をさらに深まらせる役割でありたいなぁと思います。

りんぱなのエコツアーを演劇に例えるならば、海・森の住人達が主役。
ガイドは、それを引き立てる脇役です。名脇役になりたいですね。

この記事が気に入ったらぜひ↓

石垣島エコツアー.webに掲載されている写真を自身のSNSやブログに転載する場合、白いロゴマーク(クレジット)の記載を消さないで下さい。写真の著作権は弊社・カメラマンに帰属します。クレジットのない写真をお求めの方はお問い合わせフォームよりご連絡ください

今日のフィールド情報

このブログで行った場所や、ツアー中に見た生きもの、お天気など、ガイドが日々記録している情報を公開します。

みた生きもの
聞こえた声
出掛けた場所
天候

投稿者プロフィール

  • あきら(りんぱなのガイド )
  • 海と森とパンとコーヒーが好きなツアーガイドです。広い畑を森に還しつつ、島に暮らす日々を綴ります。
  • facebook , twitter
  • のブログはこちら

この夏のイチオシ

星空ツアーのバナー

星座ブック作りのバナー

2009年10月
« 9月   11月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ