五感を使って、山の生き物に出会うツアー

石垣島エコツアー.web > ブログトップページ > ツアーブログ > トレッキング > 五感を使って、山の生き物に出会うツアー

P9080472_1029今日も北風が強く、残念ながらマンタツアーは中止です。の縲怩ムり山を歩く1日ハイキングツアーに変更し、川平の山をご案内してきました。スタッフはガイドのあきら、今日は海のスタッフのひろとじゅんも一緒に行きました。

本日のゲストは、東京からお越しのMさんとSさん。Mさんは、出発前からりんぱなのツアーを楽しみにして下さったようで、ウキウキして眠れなかったんで すって。なんでもりんぱなのHPを見て、MacでHPを作っていること、カメラが好きなことをすぐに見破ってしまったとか。そしてそして、りんぱな犬と同 じ名前の犬を飼っていら っしゃるということで、「ここだ!」と電撃が走ったそうです。Sさんは昆虫大好き。驚いたことに、以前マムシを飼育なさっていたとか。そんなSさんが見た いとリクエスト下さったのは、石垣島の方言で『トービーラー』。さぁ縲怐Aこれ何でしょう?見えるかな??

山の麓に着くと、いきなりの雨。通り雨でありますようにと祈っていると思いが通じたのか、しばらくして雨は止みました。すぐ上の電線にチュウダイズアカアオバトが留まっています。漢字では、中大頭赤青鳩と書きます。しかし体色は緑と、やややこしいハトなのです。このハト、鳴き声に特徴があります。とっても優し い音色で、癒されます。気になる方は、ぜひ聞きにいらして下さい。

DSCF5974_820山の入り口に咲いていた、ナリヤラン。雨に濡れ、しずくがキレイです。

山に入ってしばらくは、平坦な道が続きます。膝丈まで伸びた草の間からは、色々な生き物が顔を出してくれます。「あ、トカゲだ!」「おっ、カタツムリ小さい」「カエル!逃げられたー」などなど、少し歩いては生き物とこんにちは。しかも、いつも見ているものと違って八重山特有の色や形をしているので、ついついじ っくり観察してしまうのです。

1時間程歩いて、休憩。Tシャツは既に汗でびっしょり。お茶が美味しいですね。

ゆっくり休んだところで、ちょっと変わった手法で自然を味わってもらおうと、あきらがお二人に目隠しをしてもらうようにお願いしました。これはネーチャーゲームというアメリカで生まれた自然を5感で楽しむゲームで、その中から「私の木」と「カメラゲーム」の2つをミックスさせたりんぱなオリジナルのゲームです。

P9080399_820P9080382_820P9080403_820

詳しくは企業秘密なので、ここでは語りませ縲怩B(って、バレバレですが 笑)
聴覚と触覚を使って、ドキドキ、ハラハラ、うわぁ縲怐Aエっ?、な縲怩トのを思いながら、あきらの木と触れ合いました。
あきらは、いつもこの場所であきらの大好きな木をこの手法をつかって紹介します。日常では絶対味わえない感動がありますよ!

P9080409_820最後は、木と一緒に記念写真。

木と別れて歩き出した時、Sさんが「ゲームをする前の記憶がない。リセットされた感じ。ここから歩き始めるみたい。」とおっしゃっていました。ふふふ縲怐Aゲームの印象が随分強かったようですね。東京に戻られてからも、ご近所でご自分の木を探してみて下さいね。

さ縲怩ト、山道はここからが本番。少しずつ斜面が傾き、ジャングル度も上がっていきます。次は何に会えるかな?そうそう、肝心のトービーラーですが、隠れん坊はまだまだ続きます。

今日の生き物写真集はこちらから

P9080338_1029DSCF5989_820P9080341_1029

シークワーサーの原種です。いい匂いがします。
食べてみると、あの味がします。でも、ちょっと種が多すぎ。

私が思うにですが・・・この山登りの魅力の1つは、山頂を目前にしたラストスパートにあると思うんです。正直なところ、運動不足の私にはハードです。でも、何度も「おいしょ」と言いながら1歩1歩足を前に進め、最後はリュウキュウリクという沖縄にしかない竹の間を掻き分け掻き分け・・・はっと出たところ、それは 絶景!

P9080487_820P9080494_1029P9080492_820

標高263m、前岳山の頂上です。眼下には底地ビーチ、右下には川平湾が広がり、吉原から荒川への道、米原ビーチ、そして北部の山々もキレイに見えます。お天気が回復して、良かったですね。暑さの中、時折吹く風が冷たくて気持ちいい!
ゲストのお2人も感動して下さったようで、写真をパシャパシャ。カメラを動画モードに切り替えて、360度ぐる縲怩チと回りながら撮影。そうそう、私も初めてここに来た時、同じことしました。この景色をまた見たくて、石垣をもっと知りたくて、こうして移住してきたのです。

また、ここからは、マンタツアーで案内している川平石崎マンタスクランブルもよく見えます。ダイビングショップの船が幾つか碇泊しています。波はパシャパシャ。う縲怩Aマンタは見たかったけど、やっぱりシュノーケリングでは辛いですね。山のツアーに変更して正解でした。

一方あきらは、1人山頂を離れて、稜線伝いにある沖縄テレビの鉄塔の下でランチの準備。今日のメニューは、カレーライス!あきらが出がけに汲んだ山の水でご飯を炊き、カレーを温めます。もうお腹ペコペコ。ご飯を装いながら、そのいい香りにグーグー鳴りっぱなしです。いっぱ縲怩「、いただきます!!

P9080498_820P9080501_820

パクパクパク、パクパクパク、パクパクパク止まりません。山で食べるご飯って、なんでこんなに美味しいんでしょうか。ゲストのMさんは飯盒を抱え、ご飯粒を最後の一粒まできれいにとって。食べ残さないことはエコですし、片付けをする我々にとっても有り難いです。ありがとうございます。

はい、完食!食べたら寝る、りんぱなツアーのお決まりです。
「あ縲怩璢?怐Aここで遭難したことにしたい。そしたら東京に帰らなくてもいいし。」思わずそう言ってしまうお気持ち、よく分かります。でも、2縲鰀3日したら出てきて下さいね。あきら、警察で小さくなってないといけませんから。

行きはよいよい帰りは怖い縲怐フは、山道も同じ。帰りのほうが、足下が危なくなります。朝降った雨で、まだ地面が濡れているので、滑らないように足下を選んで歩きます。そういえばこの山の土は、どうやってできたんでしょうか?火山が噴火して山が形作られた時、そのほどんどが岩だったはずです。それからどのくら い時間がたっているのか分かりませんが、菌や蟻などの分解者が草や木、昆虫などの糞や死骸を分解し、食物連鎖が繰り返され、今の森を作りました。そして肝心のトービーラーも、その過程で重要な仕事をしてきました。約3億年前に出現し、生きる化石と言われています。トービーラーがいなければ、地球はこんなに緑豊かな星 ではなかったはずです。石垣には、数種類が生息しています。とっても綺麗な紫色のもの、背中に白い線で模様があるものなど。どこにいるのかな?今日は姿が見えません。

代わりに現れてくれたのが、オオシママドボタルの幼虫。夜行性のため昼間は光りませんが、夜になると幼虫もちゃんと光ります。ここでホタルクイズ!ホタルって、一体何種類くらいいるのでしょうか?りんぱなのナイトツアーにご参加頂いたことがある方は、ご存じですよね。詳しく知りたい人は、ナイトツアーへ。ホタ ルをみると、日本がどれだけ水の美しい国か分かるのです。

1時間程歩き、最初にネーチャーゲームをした場所に到着しました。私の木をしたのが、トカゲと遊んだのが、山頂で感動したのが、カレーを食べたのが、もう随分前のことのように思えます。たくさんの生き物と出会い、全身で自然を感じ、少しだけだけど森の住民に近づけたような気分です。Sさんが「自然ってすごいな 。それに比べて人間は・・・」とおっしゃっていました。いえいえ、そんなことはありません。人間にも、やるべきことはあります。日々忙しい生活を送っていると忘れてしまいがちですが、そしたらまたここにいらして下さい。私たちもお2人にまた同じ自然を体感して頂けるよう、新しい発見をして頂けるように頑張ります。

P9080479_820山を下り、ほっと一息。想像していたより、ハードな1日になったようです。でも気持ちは清々しく、嫌な疲れがありません。ちょっと滑って転けたりもしましたが(私は1度大きく転け、滑って危ういのは何度も・・・汗汗)、ケガなく無事に帰還しました。上を見て下を見て、立ち止まりじーーーっくり見て、写真もたくさ ん撮りましたね。山の素晴らしさに触れるツアーでありましたが、私たちスタッフにとっては、お2人の優しい人柄に触れることのできたツアーでもありました。今日はどうも、ありがとうございました!前岳も、生き物たちも、楽しい出会いをありがとうね。

で、トービーラーですが。結局、ご対面できませんでした。隠れん坊、負けてしまいました。えっ、トービーラーって何って??もう分かっちゃった人もいると思いますが、夜中に台所でよく見かけるゴ○○○のことです。Sさん、Mさん、ぜひリベンジにいらして下さいね。お待ちしておりま縲怩キ!

文:写真 ひろ

この記事が気に入ったらぜひ↓

石垣島エコツアー.webに掲載されている写真を自身のSNSやブログに転載する場合、白いロゴマーク(クレジット)の記載を消さないで下さい。写真の著作権は弊社・カメラマンに帰属します。クレジットのない写真をお求めの方はお問い合わせフォームよりご連絡ください

今日のフィールド情報

このブログで行った場所や、ツアー中に見た生きもの、お天気など、ガイドが日々記録している情報を公開します。

みた生きもの
聞こえた声
出掛けた場所
天候

投稿者プロフィール

  • ひろ(元スタッフ )
  • 日本ウミガメ協議会元やりんぱなのスタッフとして活動し、現在は水産試験所で働いているカメがすきなおねーさんです。
  • facebook , twitter
  • のブログはこちら
2009年9月
    10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ